ミネラルウォーターとは


 ミネラルウォーターの源は、地面の奥深くを巡る地下水です。山や森では、雨の約60%が地下にしみこんで行きます。こうした水は、砂や小石の間をゆっくりと進み、何層もの地層をくぐって、土や岩石からさまざまなミネラル分を何年もかけてゆっくりと溶かし込んでゆきます。たとえば、富士山の湧き水は、50年もかけて地上に出てきています。

 ミネラルウォーターには4種類あります。日本では、1990年に農林水産省が指定した「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」に基づいて分類されています。

品質表示ガイドライン》

 

分 類

品 名

原 水

処理方法

ナチュラルウォ−ター

ナチュラルウォーター

特定水源より採水された地下水

ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの

ナチュラルミネラルウォ−ター

特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に地層中の無機塩類が溶解したもの・鉱水鉱泉水等

ミネラルウォーター

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ

ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外に次の処理を行ったもの

・複数の原水の混合・ばっ気・オゾン殺菌・紫外線殺菌等

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターまたは飲用水

飲用適の水・純水・蒸留水・河川の表流水・水道水等

処理方法の限定はなし

 


《ヨーロッパの基準》

 

ボトルド・ウォーター

ナチュラル・ミネラル・ウォーター

1.厚生省の審査と承諾を必要とする。

2.人体の健康に有益なミネラル分を一定量保持する。

3.ミネラルのバランスがよい。

4.水質汚染を防ぐため、採水池の周辺の環境保全が常におこなわれている。

5.泉から直接採水され、添加物を加えることなくボトリングする。

スプリング・ウォーター

泉から直接採水され、添加物を加えることなくボトリングされたもの。

プロセスド・ウォーター

加工水。熱処理やろ過など人の手を加えたものは、加工水となる。


[戻る] [ソリューヴ浄水器で家全体浄水・TOPへ]
サイトマップ日本の水の特徴おいしい水硬水と軟水の違い水とからだ