シャワー浄水器


■特徴

シャワー浄水器は、シャワーヘッド内にフィルターが入っており、残留塩素を除去するタイプです。浄水シャワーとも呼ばれています。蛇口直結タイプと違う点は、飲用のための浄水器でないことで、ろ剤も異なります。

■ろ材

亜硫酸カルシウム、不織布、L-アスコルビン酸、繊維状活性炭等

亜硫酸カルシウムは、亜硫酸イオンを微量に水に溶解しながら、残留塩素と反応しますが、その速度が速いのが特徴です。

L-アスコルビン酸(ビタミンC)は、脱塩素として以外に、酸味料、酸化防止剤などとしても使われています。特徴としては、水溶性で、反応が早いことがあげられます。

浄水シャワーは、浄水器と違ってお湯を使って、しかも短時間で多量のお湯を処理しなければなりません。こうした条件に合うものとして、上記のろ材が使われています。

■使い勝手・性能

<長所>

多量のお湯を短時間で処理できるろ剤が使われていること。

<短所>

頻繁に、カートリッジを交換しなければならないこと。

■ランニングコスト

M社製の一例で計算すると...

本体価格 6,090円

カートリッジ価格 1,785円

1日に8分1人で使うとして、交換の目安は約4ヶ月(1年で3個使用)

1年間のカートリッジ価格は、1,785円×3=5,355円

■コメント

1人1日8分として、上記のランニングコストがかかりますので、家族全体で計算するともっとかかることになります。

<シャワー浄水器の主な商品>

三菱レイヨン・クリンスイ「脱塩素シャワーピュピュアU」、TOTO「ビタCシャワー」、東レ「トレシャワースリム」、マルチピュアジャパン「クリスタルクウォーツ」、他


[戻る] [ソリューヴ浄水器で家全体浄水・TOPへ]
サイトマップ浄水器の種類と比較浄水器の「ろ材」の比較 | 蛇口直結型浄水器据置型浄水器元栓直結型浄水器
ポット型ビルトイン型浄水器水栓一体型シャワー浄水器アルカリイオン整水器逆浸透膜浄水器活水器