元栓直結浄水器


■特徴

水道メーターの後ろの水道管に直結して、家中すべての蛇口から出る水とお湯を浄水するタイプです。元付型浄水器、元栓取付型、セントラル浄水器とも呼ばれます。元から浄水しますので、キッチンをはじめ、お風呂やシャワー、洗面など家全体で使う水とお湯を浄水します。設置する場所は、戸建住宅の場合は屋外に、マンションの場合は、パイプスペース内に設置します。

■ろ材

繊維状及び粒状活性炭、イオン交換樹脂及び繊維、不織布、セラミック樹脂等。

■使い勝手・性能

<長所>

豊富な浄水量で、家中のすべての水が浄水される。

お湯も使える。

邪魔になるものがない。

浄水と水の切替が不要。

など、様々な利点があり、蛇口直結型、据置型、ビルトイン型、シャワー型などの短所をすべて解決したような、理想的でもっとも使い勝手の良い浄水器です。

<短所>

浄水能力を高めると、水圧が下がることがある。

初期費用が高く、設置工事が必要。

■ランニングコスト

本体価格は、20万円〜150万円と幅があります。

工事費は、4万円〜7万円程度

フィルターは、2万円〜5万円(交換の目安は約1年)

初期費用は高いが、ランニングコストはフィルターの交換費だけで、据置型やビルトイン型等と

比較しても安い。1台で飲み水、キッチン、お風呂、シャワー、洗面、トイレなど生活用水すべてで

浄水を使用できるので、大変経済的です。

■コメント

元栓直結型浄水器を選ぶ場合、その取付方法にも注目する必要があります。

戸建住宅の場合、屋外に取り付けますが、取付け方が、3種類あります。

@吊り下げ方式、A床置き方式、B埋め込み方式

元栓直結型浄水器には、水道の本管から汚れが流れ込んできます。赤錆が浄水器本体の底に溜まりますと、ステンレス製でももらい錆で錆びることがあります。1年に1度は、メンテナンスとして、

フィルターの交換と併せて浄水器本体の内側を洗う必要があります。

上記の、「床置き方式」と「埋め込み方式」は、本体を取外して洗うことが容易でありません。

吊り下げ式の取り付け方式の元栓直結型浄水器を選ぶことをお勧めします。


[戻る]

[ソリューヴ浄水器で家全体浄水・TOPへ]

サイトマップ浄水器の種類と比較浄水器の「ろ材」の比較 | 蛇口直結型浄水器据置型浄水器元栓直結型浄水器

ポット型ビルトイン型浄水器水栓一体型シャワー浄水器アルカリイオン整水器逆浸透膜浄水器活水器